HOME > プログラム

プログラム

一般演題: 口演スケジュール   ポスター発表   ポスター会場図

学術集会: 日程表

第1日目:2016年7月28日(木)

(E) Lectures in English (J) Lectures in Japanese

14:00~14:30

理事長講演 (E) 第1会場

「将来の遺伝子治療繁栄に向けた学会の使命」
   “Mission of JSGCT for gene therapy prosperity in future”

 座長:吉田 純(名誉院長 医仁会さくら総合病院)
 演者:金田安史(大阪大学大学院医学系研究科)


14:30~15:10

教育講演- I  (E) 第1会場

“Nobel Treatment Strategies including Gene Therapy for Genetic Neurological Disorders“

 座長:大橋十也(東京慈恵会医科大学)
 演者:衛藤義勝(財団法人脳神経疾患研究所先端医療研究センター&遺伝病治療研究所)


15:10~15:50 

教育講演-II  (E) 第1会場

“Gene therapy for X-linked adrenoleukodystrophy and metachromatic leukodystrophy”

 座長:島田 隆(日本医科大学)
 演者:Patrick Aubourg(INSERM, France)


16:00~18:10

ICFHGTGD-JSGCT Joint Symposium (Symposium I) “Genetic Disease” (E) 第1会場

 座長:奥山 虎之(国立成育医療研究センター)
    小野寺雅史(国立成育医療研究センター)

  1. “Gene therapy for AADC deficiency: toward a standard therapy”
     演者:Wuh-Liang Hwu  (National Taiwan University Hospital)
  2. 「ムコ多糖症Ⅱ型に対する遺伝子治療の優位性」
    "Ex-vivo Gene Therapy, as a promising approach for the treatment of central nervous system of Mucopolysaccharidosis type II murine model”

     演者:小林博司(東京慈恵会医科大学)
  3. 「Wiskott-Aldrich症候群への造血幹細胞遺伝子治療の現状と展望」
    “Hematopoietic stem cell gene therapy for Wiskott-Aldrich syndrome”

     演者: 内山 徹(国立成育医療研究センター)
  4. 「AAVを用いた小児神経疾患への遺伝子治療法開発と臨床応用」
    “Development and clinical application of gene therapy using AAV for child neurological diseases”

     演者: 山形崇倫(自治医科大学)
  5. 「遺伝性網膜疾患に対する遺伝子治療」
    “Gene Therapy for Inherited Retinal Degenerative Diseases”   

     演者: 池田康博(九州大学大学院医学研究院)

第2日目:2016年7月29日(金)

(E) Lectures in English (J) Lectures in Japanese

08:30~09:50

Symposium-II “Regulatory Science” (J) 第1会場


 座長:久米晃啓(自治医科大学)
    山口照英(日本薬科大学)

  1. 「革新的医薬品創出に向けたAMEDの取組について」
    “AMED programs to promote innovative drug development”

     演者:目黒芳朗(日本医療研究開発機構)
  2. 「AMEDによる研究開発課題の支援」
    “AMED support for medical R&D projects”

     演者:松本 潤(日本医療研究開発機構)
  3. 「再生医療等製品の承認申請に向けて、法令の観点から」
    “Regulatory Perspective on Cell and Gene Therapy Products”

     演者:佐藤大作(医薬品医療機器総合機構)
  4. 「薬事戦略相談の紹介と有効活用に向けて」
    “Introduction of Pharmaceutical Affairs Consultation on R&D Strategy and Its Effective Utilization”

     演者:小池 恒(医薬品医療機器総合機構)

08:30~09:10

Technical Seminar“AAV, lentivirus vector” (J) 第2会場

 座長:三好浩之(慶應義塾大学医学部)

  1. 「self-complementary AAVベクターの特徴と作製法の工夫」
    “ATTRACTIVE CHARACTERISTICS OF SELF-COMPLEMENTARY AAV VECTORS AND IMPROVED METHODS FOR EFFICIENT PRODUCTION”

     演者:岡田尚巳(日本医科大学)
  2. 「レンチウイルスベクターの臨床利用」
    “Clinical use of lentiviral vectors”

     演者:三好浩之(慶應義塾大学医学部)
  3. 「遺伝子治療のためのゲノム編集技術」   
    “The application of genome editing for gene therapy”

     演者:鐘ヶ江裕美(東京慈恵会医科大学)

09:50~11:00

Main Symposium (E) 第1会場

 座長:金田安史(大阪大学大学院医学系研究科)
    那須保友(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

  1. Investigating Stem Cell Biology and Therapeutic Potential in the Rhesus Macaque Model
     演者:Cynthia E. Dunbar (NIH, ASGCT)
  2. Improved daylight vision in mice following gene therapy to increase the speed of rod photoreceptors
     演者:Robin Ali (UCL Institute of Ophthalmology, ESGCT President)

11:00~11:40

「会長特別プログラム」 (J) 第1会場

  1. 「AMEDのミッション:メディカルアーツによる難病・未診断疾患の課題解決」
    “AMED develops medical arts for patients with rare and undiagnosed diseases”

     座長:藤原俊義(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
     演者:末松 誠(日本医療研究開発機構)
  2. タイトル待ち
     座長: 浅野茂隆(東京大学名誉教授・早稲田大学名誉教授)  
     演者: 森 和彦(厚生労働省)

11:40~12:00

会長講演 (E) 第1会場

「ライソゾーム病の現在の治療と遺伝子治療」
“Current treatment and gene therapy for lysosomal storage diseases“

 座長: 衛藤義勝(財団法人脳神経疾患研究所先端医療研究センター&遺伝病治療研究所)
 演者: 大橋十也(東京慈恵会医科大学)


13:00~13:40

教育講演-III (E) 第1会場

「TGF-βシグナルを応用した疾患治療」
“TGF-β signaling: Mechanisms of action and clinical application”

 座長: 斎藤 泉(東京大学医科学研究所)
     花園 豊(自治医科大学)
 演者: 宮園浩平(東京大学大学院医学系研究科)


13:00~13:40

教育講演-IV (E) 第2会場

「Rare variants とヒト疾患」
“Rare variants in human diseases”

 座長:内田恵理子(国立医薬品食品衛生研究所)
    小林博司 (東京慈恵会医科大学)
 演者:松本直通 (横浜市立大学)


13:40~15:30

International Symposium (E) 第1会場


 座長:笠原典之(University of Miami, USA)
    山本正人(University of Minnesota, USA)

  1. Modulation of the local tumor micro-environment by LV-mediated expression of IL-12 in primary AML cells.
     演者: Jeffrey Medin (Medical College of Wisconsin, USA)
  2. A robust production platform: A basic requirement for successful Gene Therapy Products.
     演者: Harald Petry (UniQure, The Netherlands)
  3. Genome Editing In Primary Human Cells and Organs: Towards the Goal of Engineering Genetic Cures
     演者: Michael C. Holmes (Sangamo BioSciences, Inc., USA)
    *以下に変更となりました。
    ZFN-Mediated Genome Editing in the Liver –Towards Correcting Lysosomal Storage Diseases
     演者: Thomas Wechsler (Sangamo BioSciences, Inc., USA)
  4. Ascending dose trials of a retroviral replicating vector (Toca 511) in patients with recurrent high-grade glioma: clinical update, molecular analyses, and proposed mechanism of action
      演者:Douglas J. Jolly (Tocagen Inc., USA)

13:40~14:40

Symposium-III: Genome editing (E) 第2会場


 座長:三谷幸之介(埼玉医科大学)
    鐘ヶ江裕美(東京慈恵会医科大学)

  1. 「立体構造に基づくゲノム編集ツールの開発と医療への展望」
    “Structure-based development of genome-editing tool, CRISPR-Cas9 towards medical applications”

     演者:濡木 理(東京大学大学院理学系研究科)
  2. 「Duchenne型筋ジストロフィーに対するゲノム編集遺伝子治療」
    “Genome Editing Gene Therapy for Duchenne Muscular Dystrophy”

     演者:堀田秋津(京都大学 iPS細胞研究所)
  3. 「ゲノム編集はどこまで臨床応用に近づいているか:最近の進歩と大きな課題」
    “Recent progress and remaining challenges in therapeutic genome editing”

     演者:三谷幸之介(埼玉医科大学)

15:40~17:40

Symposium-IV: Cancer (E) 第1会場


 座長:藤堂具紀(東京大学医科学研究所)
    谷憲三朗(東京大学医科学研究所)

  1. 「次世代型テロメライシン:野生型p53癌抑制遺伝子を発現する多機能性テロメラーゼ特異的武装化アデノウイルス」
    “Next-Generation Telomelysin: multifunctional telomerase-specific oncolytic adenovirus armed with thewild-type p53 tumor suppressor gene”

     演者:藤原俊義(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
  2. 「膠芽腫に対する遺伝子組換え単純ヘルペスウイルス1型ウイルス療法の臨床開発」
    “Clinical trials of oncolytic HSV-1 G47Δ for patients with glioblastoma”

     演者:稲生 靖(東京大学医科学研究所)
  3. Systemic delivery of Enadenotucirev, a Group B oncolytic Adenovirus for the treatment of cancer
     演者:Kerry Fisher (Psioxus)
  4. Talimogene Laherparepvec: Harnessing herpes virus for the treatment of advanced melanoma
      演者:Swami Murugappan (Amgen Inc.)
  5. 「悪性腫瘍に対する新規ウイルス療法の開発」
    “Development of new oncolytic virotherapy for malignancies”

      演者:谷 憲三朗(東京大学医科学研究所)

第3日目:2016年7月30日(土)

(E) Lectures in English (J) Lectures in Japanese

08:30~11:30

第2回 Asia-Pacific Gene Therapy Consortium (E) 第1会場

 (※) 本Symposium参加費:無料。(但し、当JSGCT2016学術集会参加費をお支払いの方に限ります。)

 座長:Chae-Ok Yun(College of Engineering Hanyang University, Seoul, Korea)
    田川 雅敏(千葉県がんセンター)

  1. AAV vectors as tools for liver-targeted gene therapy: efficacy and safety
     演者:Ian Alexander Australia(Gene Therapy Research Unit,
        Children's Medical Research Institute and the Sydney Children's
        Hospitals Network, Sydney, Australia)
  2. Multicenter Randomized Phase II/III Clinical Trial of a Recombinant Human Endostatin Adenovirus for Cancer Gene Therapy 
     演者:Wenlin Huang, Shuai Chen, Ranyi Liu,
        Jiangxue Wu(Sun Yat-Sen University Cancer Center, China)
  3. Smart nanoparticles for drug, gene and gas delivery
     演者:Won Jong Kim(Pohang University of Science and Technology (POSTECH), Pohang, Korea) 
  4. Gene Therapy for Central Nervous System Disorders  
     演者:村松慎一(自治医科大学)

08:30〜10:30

Symposium-V:「遺伝子治療と細胞治療の融合で開く心血管病治療の未来」(E) 第2会場

 座長:森下竜一(大阪大学大学院医学系研究科)
    米満吉和(九州大学大学院医学研究院)

  1. 「アデノ随伴ウイルス9によるWnt11の遺伝子治療は、心筋梗塞後の心機能を改善する」
    “Wnt11 Gene Therapy with Adeno-associated Virus 9 Improves Recovery from Myocardial Infarction”

     演者:室原豊明(名古屋大学大学院医学系研究科)
  2. 「重症心不全治療に向けた再生心筋細胞治療の現状と展望」
    “Clinical application of human iPS cells for the treatment of patients with severe congestive heart failure”

     演者:福田恵一(慶應義塾大学医学部)
  3. 「組換えセンダイウイルスベクターを基盤とした虚血肢治療製剤臨床開発の現状」
    “CURRENT STATUS OF CLINICAL DEVELOPMENT OF HUMAN FGF-2-EXPRESSING RECOMBINANT SENDAI VIRUS VECTOR (DVC1-0101) TO TREAT PERIPHERAL ARTERIAL DISEASE”

     演者:米満吉和(九州大学大学院医学研究院)
  4. 「リンパ浮腫の遺伝子治療」
    “GENE THERAPY FOR LYMPHEDEMA”

     演者:齊藤幸裕(旭川医科大学)
  5. 「DNAワクチン」
    “The development of IL-17A vaccine”

     演者:郡山 弘(大阪大学大学院医学系研究科)
  6. 「血管疾患における炎症の重要性とその特異的制御」
    “Pivotal Roles of Inflammatory Factors in Vascular Disease and its Specific Regulation”

     演者:鈴木淳一(東京大学大学院医学系研究科)

10:40~12:00

JSRM-JSGCT Joint Symposium (SymposiumVI ) Cell Therapy (E) 第2会場

 座長:大津  真(東京大学医科学研究所)
    長村登紀子(東京大学医科学研究所)

  1. 「脳梗塞に対する骨髄間葉系幹細胞移植-医師主導治験による実用化」
    “Intravenous transplantation of autologous mesenchymal stem cells derived from bone marrow into stroke patient”

     演者:本望 修(札幌医科大学)
  2. 「脱分化脂肪細胞を細胞源とした血管再生治療」
    “Dedifferentiated fat cells as a new cell source for therapeutic angiogenesis and regenerative medicine”

      演者:松本太郎(日本大学)
  3. 「細胞治療用間葉系細胞のソースとしての臍帯と今後の展望」
    “Umbilical Cord is a Rich Source of Mesenchymal Stromal Cells for Cell Therapies”

     演者:長村登紀子(東京大学医科学研究所)

11:30〜12:00

特別講演 (E) 第1会場

“Gene Therapy for RPE65-Mediated Inherited Retinal Disease”

 座長:岡田尚巳(日本医科大学)
 演者:Daniel Chung(Spark Therapeutics, Inc.)


13:00~14:50

Joint Symposium (SymposiumVII ) Cancer Immunotherapy- (E) 第1会場

 座長:小澤敬也(東京大学医科学研究所)
    玉田耕治(山口大学医学系研究科)

  1. 「がん免疫療法の新時代における遺伝子細胞療法の役割」
    “New era of cancer immunotherapy begins: A role of gene modified cell therapy”

     演者:玉田耕治(山口大学医学系研究科)
  2. 「骨髄性腫瘍に対するWT1特異的TCR遺伝子導入リンパ球を用いた細胞免疫療法臨床試験」
    “Clinical study of novel adoptive immunotherapy using gene-modified autologous lymphocytes to express WT1 specific T-cell receptor against myeloid leukemia”

      演者:藤原 弘(愛媛大学大学院医学系研究科)
  3. 「造血器腫瘍に対するCD19-CAR療法の臨床開発」
    “Clinical development of CD19-CAR therapy in patients with B-cell malignancy”

     演者:大嶺 謙(自治医科大学)
  4. 「がん免疫療法の展望: 個別化・複合がん免疫療法に向けて」
    “Future perspectives of cancer immunotherapy: Towards personalized combination cancer immunotherapy”

     演者:河上 裕(慶應義塾大学医学部、日本がん免疫学会理事長)

13:00~14:50

Symposium-VIII: Neurological and Muscle Disease (E) 第2会場

 座長:村松慎一(自治医科大学)
    望月秀樹(大阪大学大学院医学系研究科)

  1. Surgical Coverage of the Putamen in Parkinson’s disease with AAV2-AADC using MRI-Guided Convective Delivery.
     演者:Krystof Bankewicz (University of California)
  2. 「脊髄小脳失調症の克服に向けた遺伝子治療」 
    “Gene therapy to conquer spinocerebellar ataxia”

      演者:岡澤 均(東京医科歯科大学大学院)
  3. 「ALSの分子標的治療」
    “Targeting therapy for sporadic ALS”

     演者:郭 伸(東京大学大学院医学系研究科)
  4. 「神経・筋疾患に対する核酸医薬治療」
    “Antisense oligonucleotide therapy for neurological and neuromuscular disorders”

     演者:中森雅之(大阪大学大学院医学系研究科)

主催大学事務局

東京慈恵会医科大学
総合医科学研究センター遺伝子
治療研究部

〒105-8461
東京都港区西新橋3-25-8
TEL:03-3433-1111
  (内線2386)
FAX:03-3433-1230
E-mail:jsgct2016@jsgt.jp

運営事務局

日本遺伝子細胞治療学会事務局
東京大学医科学研究所
ALA先端医療学社会連携研究部門

〒108-8639
東京都港区白金台4-6-1
お問合せ:事務部門
(学会運営事務局合同会社)
TEL:043-237-3435
FAX:043-306-5664
E-mail:jsgct2016@jsgt.jp